AWS

Python + AWS Lambda + Slackで定期的にパピヨンの画像を投稿する

Advent Calendar 2015 Python その2の15日目の記事です.最近出社直後にパピヨン画像をSlackのパピヨン部屋に上げていたのですが,少し面倒になってきたので自動化してみました.

ばあちゃんにひ孫の写真をAPIで印刷&郵送する(AWS Lambda x Amazon S3 x Lob.com)

ひ孫の写真をAmazon S3にアップロードすると、AWS Lambdaがそのイベントをとらえて、Lob.comのAPIをたたき、自動的に写真が印刷されて、ばあちゃんの家に郵便で届く、という人間的に暖かみのあるシステムを作ってみたいと思います。うちでは、ばあちゃん(98歳)が健在なのですが、ひ孫(私の子供)の写真を一日中見て喜んでくれているようなので、API経由で

OpsWorksかLambda(スケジュール)を使ってEC2自動起動自動停止で費用節約する

AWSの費用で何に一番費用が掛かるかという話だと大抵EC2だと思います。ただ、AWSの利点として時間課金なので検証環境など夜間に利用しない場合に停止しておくことで費用を大幅に節約できることができます。上記について色々やる方法があると思いますが、現在だと以下2つのやり方が良いかと思います。OpsWorksのTime-Basedインスタン

ThingをDiscoverしてBeam

はじめにSORACOM Advent Calendar 2015の12/14分を担当させて頂きますソラコムの安川です。タイトルは予告通りThingをDiscoverしてBeamで参ります。

iOS対応ストリーミングをプライベート(制限付き)に対応

この記事は、 AWS S3 + CloudFront で動画ストリーム に関連する続きです。目的

顔認識APIについての個人的まとめ2017年秋版

機械学習を勉強するにあたり座学だけでなくやっぱり実践したほうがいい、ということでAPIについていじり始めようかと検討しています。DeepLearningでもよく事例に出てくる画像解析、特に顔認識についていろいろやっていこうかなと考えているため、今回は顔認識APIを軸にいろいろ検討して行きます。記事をいくつかに分けて書いていこうかと思います(全てをゼロ円で

Amazon Machine Learning ハッカソン with ハンズラボに参加しました

2015年9月12日から2015年9月29日にわたって開催されたAmazon Machine Learning…

AWS Summit Tokyo 2015 に行ってきた – Day 1 –

今年も始まりました。#AWSSummit。普段行くものとは一番異なる点。そうDJがいるということ。何かショーが始まりそうな華やかなオープニングです。投稿が遅く

Beanstalk運用の日常風景

ハンズラボ Advent Calendar 2017 11日目の記事です。Elastic Beanstalkの運用をそれなりに続けてきたので、溜め込んだTIPS+失敗事例を放出します。プラットフォームはPHPです。

re:invent2017で発表されたAWS Cloud9でサーバーレスなAPIを作ってみた

AbemaTV Advent Calendar 2017 3日目の記事です。テーマフリーなので多様な記事が並ぶと思いますよ。今日は2017年2月にジョインしたiOS